STORY

リアル「フォーミュラワン」の世界を収録した2人の偉大なレーシングドライバー、感動のBBCドキュメンタリー

 

フィルムは未公開の映像や2人の友人、家族、そしてジャーナリストのインタビューを通し

ミッド70‘s最大の戦いにフォーカスを当てる。

6年Fは最も魅力的な瞬間と言えるものだった。

 

プレイボーレーサーの世界と思われていたが、現実は全く異なっていた。

強いものが生き残る。ミスは決して許されない。

グランプリは死と直面するスポーツである事をドライバーは知っていたのだ。

 

ハントとラウダの戦いはチームの戦いでもあった。

マクラーレンのコールドウェル、フェラーリのオウデット。

チーム・マネージャーは野心を持って二人に勝利を求めていった。

その結果1976年は二人の間で伝説とも言える戦いが続けられた。

 

ハント、ラウダはチェッカーフラッグが振り下ろされるまで限界の戦いを繰り広げた。

運命のニュルブルクリンク。ラウダは死に直面する火の中にいた。

そして奇跡のカムバックからシーズンファイナルの日本グランプリまでハントとバトルを続けた。

 

それはフォーミュラワン史上、最も荘厳な叙事詩と言えるものだった。

そして真のストーリーがそこに存在していた。

 

制作:ジャングルジム 発売:ユーロピクチャーズ C Lion Television MMXⅢ C euro pictures inc. 2014 ○ ○ 2014年4月10日発売「1976 ハントvsラウダ グランプリ史上最大のライバル」収録時間:50分 完全日本語版 定価:2,800円(税抜)